社員の品質は旅費や交通費、出張費の清算のやり方で評価できる!?

2017年2月14日 樋口コーチ |

自分がどこで生きていくか決める

読書しました。この本の著者によると、経理部のベテラン社員が、社員の提出する「旅費交通費」「交際費」「通信費」「事務用品費」の清算書類を見れば、その人の「人格」や「性格」がわると述べています。また著者は、申請書類が汚いとか、内容グレーな領収書が多いとか、提出の期限に遅れる社員は「グズ」とか「手抜き」「酒飲み(交際費が異常に多い)」「インチキ」と分類される傾向高くて「課題あり社員リスト」にピックアップされる可能性高いと述べています。公私混同しないで経費申請を処理する社員は、それを見ているメンバーや部下の評判も良くて、結果的に早く昇進とか昇格することが多い、そんなふうに筆者は述べています。出張時にマイルをもらうとか、カプセルホテルに泊まるとか、深夜バスを使うとか、よくある光景なんですが、この本を読んでみて、人間の行動の基準とか、他人の評判というのは、その人のお金の使い方によって、決まってくるのかなあ、、とか感じました。