同僚や後輩から「あなたは品質の悪い人だ」そう言われないようにするためには。

jyoseisannin.jpgお客様から「おまえの会社は品質が悪い」と言われるケースは「まま」あると思います。

でもそれ以上に、あなたがお勤めの同じ会社の社員どうしが「あいつはタコだ」とか「あいつの仕事の品質は悪い」「あいつは仕事が出来ないくせに給料が高い」などお互いを罵(ののし)り合っている場面って結構ありませんか。

そんなお互いの社員を罵りあっている会社は、結果的に社員の行動品質が低いです。その結果、お客様からのクレームも多い会社になってしまいます。

不幸にもそういう会社に勤めていたら、少なくともあなただけは、同僚や後輩から「品質が悪い」という文句を言われないように、頑張って切磋琢磨して、正確に仕事をするとか、誰にも負けない知識やスキルを身に付けるとか、そんな努力を懸命にすることが大切です。

少しずつ景気が良くなってくると、たくさんの人達がパワーを出し始めます。そして自分磨きの勉強とか訓練をし始めて知識やスキルの蓄積し始めます。若い人達のあいだでは、キャリア作り作業は20才台のうちからきちんと実行しよう、そう考える人も多くなってきています。

とは言ってもまだまだ若い人が太刀打ちできないような、経験やスキルが必要な仕事もたくさんあると思います。

でもあなたが、なんとなく今の仕事を続けていたら、吸収力の高い若者が、すぐにその仕事を憶えてしまって、あなたの仕事を奪っていってしまうでしょう。

この時期、後から追っかけてくる人に負けないように、きちんと時間や手間やお金をかけて、自分のスキルアップに励まないといけないタイミングが来ていると思います。

今、ご自身がやるべきことは、自分の品質アップです。あなたの将来を固めるためにも、忘れず勉強やスキルアップ、トレーニングを実行するようにお願いいたします。