経済指標(統計値)を読む。

2011年10月20日 樋口コーチ |

isetsnnitsukoshi.jpg

樋口研究室は、いつも経済紙を切り抜いて保存しています。切り抜いた記事は、事務所の壁に貼っています。お客様がそれを「待ち時間」に眺めています。先日、ある同じ新聞の誌面で「景気がプラス」もうひとつは「景気が届かず(マイナス)」そんな真逆(まぎゃく)の記事がありました。同じ新聞社の新聞なのに、なぜこんなに表現が違うのだろうか。樋口研究室では、お客様と一緒に考えます。経済指標(統計値)はベース値が違うと読み方(ビュー)がかなり違ってきます。新聞を題材にしながら、経済指標(統計値)の見方をしっかり勉強して、意味を正確に把握しないといけないなあ、そんな気持ちになります。