コーチングのスキルの使い方。

 

もし、コーチングのスキルを、身に付けることが出来たら、あなたは、どのように使うでしょうか?これは、コーチングの勉強を始めた人から、とてもよく受ける質問です。樋口研究室が、みなさんにお勧めする、コーチングのスキルの使い方は、以下のような手順です。

1.最初は、自分に使う

コーチングのスキルは、最初は自分に使うようにしてください。コーチングのスキルは、自分の頭を整理しながら、正しい行動を起こすためのセルフコントロールのツールとして使えます。

2.次に、チームに使う

会社に何年か在籍すると、あなたはグループで仕事をしないといけなくなるでしょう。こういう時は、あなたの持っているコーチングのスキルを、チームのメンバーに使って下さい。部署やグループのメンバーと上手にコミュニケーションができて、仕事がはかどると思います。

3.少しずつ、お客様に広げていく 

部署やグループが大きくなってくると、あなたはメンバーを使って、お客様のところで成果を出さないといけなくなります。お客様を説得するとか、障害を回避する、もっと効率よく仕事を進める。あなたが勝負に出ないといけなくなった時、自分の持っているコーチングのスキルを、お客様に使って下さい。あなたが勝つための武器として使えます。

4.そして、プロのコーチになる

あなたが、コーチングのスキルを使って、たくさん成果を出し始めると、その評判は自然と広がっていくものです。すると、あなたの話を聞きたい人が、あなたのまわりに集まって来ます。その時、自分の持っているコーチングのスキルを、集まってきた相手に、提供してください。相手の方は、とても喜ぶと思います。相手の方が、お金を払ってもいいと言うのなら、そのお金をもらっても、かまいません。これであなたは、プロのコーチに、なったことになります。

あなたも樋口研究室で、コーチングのスキルを、身に付けてほしいと思います。コーチングのスキルは、これからあなたが、仕事や人生を乗り切るための、大きな武器として、使えると思います。


(注)この文章はリンク自由ですが、コピーや一部利用される場合は、樋口研究室までご連絡ください。