「労力」「時間」「資金」は積極的に使いましょう。

お金を払って、プロのコーチを雇うというのは、自分に専用のアドバイザーを雇うということです。スポーツ選手でもあるまいし、お金や時間を使ってまで、自分にプロのコーチを雇うなんて、あまり馴染みがないな・・。もしそう思っているなら、ぜひ以下をお読み下さい。

アドバイザーといわれて、まず思い浮かべるのは、会社の上司や先輩でしょう。もっと身近な存在では、両親や恋人、友達だったりします。uewomirujyoseifutari.jpg

上司や先輩はビジネスにポイントを置いてアドバイスしてくれます。両親や恋人は、愛情やいたわりの気持ちにポイントに置いてアドバイスをしてくれます。でもあなたの欲しいアドバイスは、ビジネスや愛情に特化したアドバイスですか?あなたの弱いところをきちんと理解してくれて、納得できるアドバイス。これが欲しいのでは、ありませんか?

優秀なアドバイザーは、たくさんいるわけではありません。

優秀なアドバイザーの条件は、あなたを正確に分析できること、あなたのペースに合わせて会話ができること、あなたの心の動きや業界の傾向を理解していること。

だから優秀なアドバイザーは、心理学やコミュニケーションの訓練を受けています。業務の経験も豊富ですし、いつも勉強して磨きをかけています。そういう専門家のことを、プロのコーチといいます。樋口研究室のITコーチも、プロのコーチです。

自分にジャストフィットするプロのコーチを見つけるには、ワークロード(労力)、手間や暇(時間)、お金(資金)がかかります。もし、今のあなたに「労力」「時間」「資金」の3つのリソースがそろっているなら、それを使って、積極的にコーチを探し始めて下さい。早く始めることが大切です。なぜなら、これらがそろっているタイミングというのは、人生にそう何回もあるものではないからです。

先が見えなくて心配なら、今、必要ないものは出来るだけ削減して、余ったリソースを、あなたにピッタリのコーチを探す作業に振り向けるようにしてください。

冬もいつか春になります。梅雨もいつか終わります。状況が良くなってきた時に備えて、自分にプロのコーチを雇って行動パワーを蓄積しておく。すぐに実行してほしいと思います。


(注)このページの内容をコピー引用することは出来ませんが、リンクは自由です。